2010年03月20日

<国際協力銀行>先進国にも業務拡大 高速鉄道で意見募集(毎日新聞)

 政府は17日、国際協力銀行(JBIC)の業務として、先進国における高速鉄道に関する事業を追加する政令改正案の意見募集(パブリックコメント)を始めた。JBICの業務は従来、途上国向けが中心で、先進国向けで認められているのは原発のみ。先進国向けの事業が今後幅広く解禁される見通しとなった。

 海外でのインフラ建設をめぐっては、韓国がアラブ首長国連邦(UAE)の原発を受注し、日本勢が敗退するなど、日本は苦戦が続いている。また、JR東海や車両メーカーは現在、米国への新幹線システムの輸出を目指しているが、巨額の建設費調達がネックになっている。政府は、競争に打ち勝つには、政府の全面支援が不可欠と判断。この日は、仙谷由人国家戦略担当相が「国家信用も生かしながら、途上国、先進国問わずビジネス展開してもらいたい」と述べたほか、「法律改正も視野に入れなければ」(前原誠司国土交通相)などと、JBICの機能強化を進める声が相次いだ。

 また、菅直人副総理兼財務相は同日、衆議院の財務金融委員会で、「(政府系金融4機関を統合した日本政策金融公庫から)将来分離させることも、一つの検討課題」と述べ、JBICを再び独立させることも選択肢の一つとの考えを示した。菅氏は「統合メリットよりも、あまりにも違う機能を無理やり一緒にした弊害が出ている」と強調した。【秋本裕子】

【関連ニュース】
リニア中央新幹線:中間駅建設、地元負担に自治体反発
リニア新幹線:「25年開業」遅れも 景気低迷でJR東海
JR東海:架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分
リニア中央新幹線:整備計画などを交政審に諮問へ 国交省
JR高山線:線路のボルト折れる…岐阜・下呂

<蓮池薫さん>新潟大大学院博士課程に合格 4月から通学(毎日新聞)
虚偽の調書作成の疑い=警部補を書類送検−鳥取県警(時事通信)
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」−東京地検(時事通信)
架空のマンション転売話で詐欺 不動産ブローカー再逮捕(産経新聞)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ=京大病院インスリン投与−府警(時事通信)
posted by フシミ テツヤ at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。