2010年06月08日

【小鳩退場】過ぎ去りし日々 首相、退陣表明要旨(産経新聞)

 ■社民離脱 責任取らなければならない

 【政権運営】

 日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の判断は決して間違っていなかったと今でも確信している。官僚任せではない、政治主導、国民が主役の政治をつくろうと思いながら今日まで頑張ってきたつもりだ。さまざまな変化が国民の暮らしの中に起きている。これからもっともっと、人の命を大切にする政治を進めていかなければならない。

 ただ、残念なことに、政権与党のしっかりとした仕事が、必ずしも国民の心に映っていない。国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった。私の不徳の致すところだと思っている。

 【普天間移設】

 沖縄の皆さんにも、徳之島の皆さんにも迷惑を掛けている。結果として県外(移設)にはなかなか届かなかった。これからも、県外にできる限り移すように努力していくことは言うまでもない。一方で、北朝鮮が韓国の哨戒艦を魚雷で沈没させる事案も起きている。日米が信頼関係を保つことが、日本だけではなく、東アジアの平和と安定のために不可欠という思いの下で、残念ながら沖縄に負担をお願いせざるを得なくなった。

 【社民党】

 社民党に政権離脱という厳しい思いを与えてしまったことは残念でならない。社民党より日米を重視した、けしからんという気持ちも分からないでもない。

 日本の平和を日本人自身でつくり上げていく時を、いつかは求めねばならないと思っている。だから、鳩山が何としても、少しでも(米軍基地を)県外にと思ってきた思いを理解してほしい。社民党を政権離脱という大変厳しい道に追い込んでしまった責任は取らなければならない。

 【政治とカネ】

 私が自民党を飛び出して新党さきがけ、さらには民主党をつくり上げてきたのも、何としてもクリーンな政治を取り戻そうとの思いだった。それが結果として、自分自身が政治資金規正法違反の元秘書を抱えていたなどと、全く想像していなかった。政治とカネに決別する民主党を取り戻したい。

 このことで、私自身も職を引かせてもらうことになるが、小沢一郎幹事長にも政治資金規正法の議論があった。2度ほど幹事長と相談し、「私も引く。幹事長も恐縮だが引いてほしい」と申し上げた。幹事長も「分かった」と言った。(政治とカネの問題に対し)その責めを果たさなければならない。小林千代美衆院議員にも、その責めをぜひ負ってほしい。民主党を再生させていくために、とことんクリーンな民主党に戻そうではないか。そうなれば国民が新たな民主党に対し聞く耳を持ってくれるようになると確信している。(2日午前、国会内で開かれた民主党緊急両院議員総会)

【関連記事】
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上
小沢軍団 変わらぬ本質 「数は力」
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…

関東甲信、深夜から激しい雨予想(読売新聞)
エイブル元店長「前担当者から引き継ぎ」 店ぐるみで敷金水増しか(産経新聞)
女子高生、巧みに連絡先聞き出し強盗男逮捕(産経新聞)
「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
<不正流用>ローソン子会社の元専務ら逮捕へ…特別背任容疑(毎日新聞)
posted by フシミ テツヤ at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。