2010年04月28日

舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)

 新党改革の舛添要一代表は23日の結党記者会見で、自民党を離党し新党を結成した理由について「自民党は古い体質を反省して直さないといけない。直接、大島理森幹事長に私の要求を出したが、答えが出なかった。新しい政党を作らないと活動の基盤ができないからだ」と述べた。

【関連記事】
舛添氏「参院で発言力を持てる数字目指す」
矢野氏「舛添代表を頂点に、元気な日本を取り戻す」
舛添氏「新党改革」の結党を正式発表
舛添新党が午後に正式発表「政界再編の第一歩に」

満開のサクラと季節はずれの雪が競演 福島(産経新聞)
雑記帳 保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)
市営住宅母子は失血死=刃物傷20カ所以上−京都府警(時事通信)
コモモです、ママ暖かい ニシローランドゴリラの赤ちゃん(産経新聞)
運送業への安全指導「民間に」…仕分け3日目(読売新聞)
posted by フシミ テツヤ at 03:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。